待ちに待った4DXシアターを体感してみました

地元のショッピングモールに、県下ではじめての体感型アトラクション4DXシアターが併設されました。

今までの3Dの立体感溢れるシネマでもその臨場感に感動して鑑賞していました。県下初ということで連日チケットは完売状態でやっと取れたチケットを握りしめ、いざ出陣です。鑑賞したのは、パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊です。

少し緊張した面持ちでシートに座ってみました。ゆったりしたシートは座り心地も良く、ちょっぴり豪華なイメージさえあります。

上映が始まる前にデモンストレーションでジェットコースターに似た画像が映し出されシートが突然動き出すと共に顔を風が直撃して少しハイテーションになっていました。まわりからも”ウオー”と感嘆の声が聞こえてきます。

いよいよ上映が始まりました。

もともと人気シリーズだけに普通に鑑賞してもおもしろいのですが、4DXの魅力である、シーンに合わせて座席が前後振動、左右振動、上下振動と強弱をつけて動き、風や霧状の噴射そして激しいLEDのフラッシュ更にはスクリーン付近でスモークが舞い上がります。ちょっとしたアミューズメントパークの乗り物に乗っているような気分になれました。鑑賞したパイレーツ・オブ・カリビアンのシーンとうまくリンクしてシートが動き風や水しぶきがかかっていました。

こうして、初めて体感した4DXはとても楽しめるアトラクションです。

残念なのは鑑賞料金が少し高く通常鑑賞料金に加え1300円ほどかかります。

4DXの作品は続々とリリースされると思いますが、毎回、4DXで鑑賞とはいかないですね。

まだ、4DXを体感してない方は一度気に入った作品があるとき是非4DXの醍醐味を楽しんでみてください。